So-net無料ブログ作成
検索選択

3者会談、首相進退持ち越し…2日に再会談(読売新聞)

 鳩山首相は1日夜、民主党の小沢幹事長、輿石東参院議員会長と国会内で会談し、小沢氏は、社民党の連立政権離脱や内閣支持率の低下で国会運営が困難になっていることを伝えた。

 党内にはこうした状況を打開するため、首相の早期退陣を求める声が出ており、小沢氏もこうした状況を伝えたが、首相は続投する意向を重ねて示したとみられ、結論を持ち越した。

 3氏は2日にも改めて会談する予定で、首相の進退を巡る緊迫した状況が続いている。

 3氏の会談は5月31日に続いて2度目。この日は約30分間行われたが、その後の取材には3氏とも応じなかった。小沢氏は31日の予定だった定例記者会見を延期し、1日に行うとしていたが、民主党はこの日、さらに延期すると発表した。

 細野豪志副幹事長は会談後、小沢氏から指示を受けたとし、「3人で国会情勢を中心に意見交換した。明日以降、継続して協議するということで今日は別れた」と記者団に会談内容を説明した。

 首相は1日昼、口蹄疫(こうていえき)被害が拡大している宮崎県を訪れた際、「党代表として、幹事長としっかり協力して難局に対していきたい」と記者団に述べ、続投の意欲を強調した。政府筋は首相と小沢氏らの会談後、「首相は辞めない」と述べ、続投の意思に変わりはないとの見方を示した。

 一方、民主党の参院議員からはこの日も、首相を批判する声が相次いだ。

 同日昼の党参院常任役員会では、桜井充政策審議会長が「候補者の声を首相に届ける場をつくってほしい」と参院議員総会への首相出席を要求するなどし、輿石氏が「一両日、時間が欲しい。自分たちに任せてほしい」と今後の対応に一任を取り付けた。

 高嶋良充参院幹事長はこの後の記者会見で、参院選情勢について、「改選議員から政策を訴えても聞いてもらえないと悲鳴が上がっている。表紙を代えれば支持率は当面、上がる可能性は高い」と述べ、首相退陣への期待を示した。

 一方、国民新党代表の亀井金融相は1日午後、国会内で小沢氏と会談し、「国民新党としては全力を挙げて鳩山政権を支える」と首相の続投を支持する考えを伝えた。亀井氏は首相に対しても、31日夜から2度にわたって電話し、続投を求めた。首相は「頑張ります」と応じたという。

河内音頭で大阪PR 上海万博参加の菊水丸さんら橋下知事表敬(産経新聞)
長崎漁船、沈没原因 「減速不足、波の頂上で不安定に」(産経新聞)
ウイルス作成者ら2人逮捕=個人情報流出、現金詐取容疑―全国2例目・警視庁(時事通信)
「君個人の判断でやれ」 話し合い後、代表はそう告げた SS元船長第3回公判(産経新聞)
<傷害>職務質問の警官、急発進され重傷 大阪・容疑者逮捕(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。